慢性胃炎になっちゃったよ。治せる?

慢性胃炎

定期的な健康診断で人生初めて 慢性胃炎と診断されて、ひょっとしたらピロリ菌かもとも言われてこれは ガンが危ないと思いました。

で、慢性胃炎についてちょっとチェックしてみました。

  • 慢性胃炎とはどんな病気か
  • 慢性胃炎の原因はなに?
  • 慢性胃炎の気になる症状とは
  • 慢性胃炎の治療方法

<h4 title="

“>
慢性胃炎とはどんな病気か
まずですが、
慢性胃炎とは?
胃の粘膜が傷つき、その状態が長びく状態、あるいはくり返しくり返し傷ついている状態
と定義されています。

これは、ネット上にある情報です。
どれもおんなじ記述なんで信用できます。

健康診断のアドバイスによれば慢性胃炎はピロリ菌が原因かも とも言われてましたので、ピロリ菌の検査も受けることにしました。

ピロリ菌に関しては、
慢性胃炎の大半はピロリ菌の長期感染によって引き起こされることが明らかになってきました。

だそうです。
アドバイスに従ってピロリ菌の精密検査を受けることにしたわけです。

以前は胃カメラは口から飲み込むものが主流でしたが、今は鼻の穴から胃カメラを入れてゆきます。
嘔吐はありませんでした。技術の進歩がめざましいです。
そして、撮った写真をすぐ確認できます。

その写真も実に鮮明です。すばらしい!

慢性胃炎の原因

原因がコレと言えるほど本当の原因がわかってないのが慢性胃炎の原因です。

しかし不思議ですよね。本当の原因がわからいっていうのですから・・
ただピロリ菌由来の胃炎は確かにあるようですよ。
なので、胃炎である程度のご年齢の方なら迷わず胃腸科の受診をオススメします。

まあ、それでも
飲酒や香辛料などで胃壁が荒れることがあるようですよ。
なので、この機会に食生活の 改革 をしたら良いのでは~

みたいに思ってますが、なかなか 変えられないのがしゅうかんです。
でも、革命的な 生活の変化も必要でしょうね。

もちろんストレスは何時の時でも 消化器系に影響があるようなので、リラックsに必要がありそうです。そのために お酒~ 

リラックスにお酒 いいのにね~
残念 もっと別の方法でリラックスをもとめましょう~

<h4 title="

“>
慢性胃炎の症状
個人的には 症状と言われるものは全くありません。

慢性胃炎の一般的な症状はと言うと
上腹部不快感
膨満感(ぼうまんかん)
食欲不振

また、胃の炎症症状の強い時は
吐き気
上腹部痛などの急性胃炎症状

ですが、私みたいに症状が全く無い方も多いようです。
そんな場合は、経過を観察するだけでよいと考えられているようですね。

でも、油断せずに定期的な検査も必要でしょう。

慢性胃炎の治療方法

慢性胃炎の本態が萎縮性変化なのですから、根本的な治療法はないようです。

ピロリ菌を除菌すれば、胃粘膜の萎縮の改善が見込まれるというのですが、私みたいに検査の結果がピロリ菌なしなら治療できないのかね?

もっとも、慢性胃炎自体は心配する必要のない病気だそうで、もし、特別の症状があれば治療を受けるくらいで良いみたいですよね。

ただ、年に1回の内視鏡検査を受けておくことが進められているようですからお忘れなく。

また、胃に刺激になるような食品には気を使ったほうが宜しいようでうよ。

肉より魚
野菜は繊維(せんい)の多くないもの、
(コレだと私的には便秘になっちゃいます)
煮物など刺激の少ない食事が勧められます
(刺激が少ないものなら分かります)
基本的にはバランスのよい規則正しい食生活を心がけるようにしましょう。
そんなに神経質にならなくてもいいかと思ってます。

ストレスになったら元も子もなくなりますから。

不規則な生活、心身のストレスとなる原因の除去は慢性胃炎のたいせつな治療法の1つです。
また、暴飲暴食はもちろん慎むべきです。年齢が進むに連れ免疫力は間違いなく低下してゆきます。特にお年が進んでる方はご注意下さいね。

個人的にはリラックスが治癒の向上に繋がると思ってます。
そして、笑うことです。大人になると人はだんだん笑うことが少なくなるようです。
表情筋を活発に動かすことが必要のようですよ。
顔のストレッチもしなくっちゃあね。。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ