デング熱対策

デング熱

デング熱は熱帯、亜熱帯地方に見られる。デングウイルス感染症で原因は、ウイルスには四つの型があると言われています。人はデングウイルスに感染した蚊に刺されることによって感染します。日本では平成26年デング熱の患者発生が報告されました。

記憶のまだ新しくニュースの映像が鮮明の方も多いかと思います。

日本での確認はおそらく温暖化が原因と思われます。

最近の予想報告によりますと本州最北端の青森にまでウイルスが到達すると予想されています。

どんな対策が必要でしょうか。

対策としては虫除けのための物を用意する。
蚊取り線香のような虫を殺すもの
虫除けそれのように蚊を遠ざけるもの(忌避効果)

殺虫剤の大半は神経に作用し、虫などを殺しますが、
哺乳類は分解する酵素を持つために人にはほとんど影響がないと言われています。
蚊の発生を抑える
蚊はわずかな水さえあれば発生する。
蚊の発生が予想される。家の周りの水たまりチェックしたいところです。

蚊が嫌う服の着用
帝人の「スコーロン」は蚊などがとまると触角や足先に虫が嫌がる成分が伝わり、刺さずに逃げる。

コレは、アース製薬が開発した気化しにくい防虫剤を、帝人の技術で極細の糸の表面にしっかりと接着し生地にしたものだそうで、20回洗濯しても、防虫効果が8割以上続くと言いますから、週に1回洗濯で1年間有効なのかもしれませんね。

そんなに洗濯の頻度がなければ数年は持つのかもしれません。

デング熱の保険と思えばいいのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ